針脱毛の特徴

ビューティー28針脱毛とは、ニードル脱毛とも呼ばれ、毛穴にニードルを差し込み、そこへ電気を流すことでひとつひとつの毛根を破壊することで毛が再生しなくなる脱毛施術です。10年ほど前は、永久性があるということで脱毛施術の主流でしたが、激しい痛みを伴ったり、肌トラブルも多いため、現在では行っているエステやクリニックも少なくなっています。

ニードル脱毛のメリットは、確実に永久脱毛効果が得られるということです。色素沈着を起こしているワキやVIOラインなどの部分や埋没毛、バストトップぎりぎりの部分などはレーザー脱毛や光脱毛では施術できませんが、ニードル脱毛は、これらの部分にも施術することが可能です。

しかし、ニードル脱毛は非常に激しい痛みが発生するというデメリットがあります。毛穴にニードルを差し込む時よりも、電気を流すときの方が痛みが強く、ひとつの毛穴につき10秒ほど電気を流すため、脱毛のために耐えなければなりません。ニードル脱毛は、麻酔の使用も可能ですが、これは医療機関で受ける場合のみになってしまいます。また、施術を受ける場合は、ある程度毛を伸ばしておかないと施術することはできません。

エステでも医療機関でも、ニードル脱毛を行えるのは専門の研修を受けた有資格者でなければなりませんが、個人の技術には大きな違いがあり、痛みの大きさや脱毛にかかる時間や効果は、施術者の技術によって左右されるので、担当する施術者の経験や実績を確認した上で受けるようにする必要もあります。

コメントは受け付けていません。