おすすめできないアンダーヘアの自己処理の仕方

アンダーヘアはとてもデリケートな部分に生えているため、処理したいと考えても、医療機関やエステサロンで施術を受けることが恥ずかしいと思って、自分で行う自己処理で済ませている人も少なくありません。

カミソリを使った自己処理は、最近は安全設計が施されているものも多数販売されていることから、深剃りを防ぐことができますが、少なからず、表面の皮膚まで削り取ってしまいます。アンダーヘアの自己処理に使用すると、剃り跡が青くなったり、頻繁に自己処理を繰り返すと肌に負担がかかり、色素沈着や炎症などの肌トラブルの原因となってしまいます。自己処理をする場合は、低刺激の石鹸やシェービングフォームを使用しながら、怪我のないように注意することが大切です。

毛抜きを使った自己処理は、ムダ毛の毛根から抜いてしまえば、しばらくはムダ毛が生えてくることはないために効果は長続きしますが、抜く際にかなりの痛みを感じて、肌にかなり負担をかけてしまいます。アンダーヘアの生えている部分の皮膚は非常に薄く弱いため、毛抜きで処理すると埋没毛になってしまうことも多く、黒いぶつぶつができてしまったり、色素沈着が起こる、毛穴の炎症などが起こるリスクも高まります。

コメントは受け付けていません。